福岡の工芸品、織物、陶器、衣類の縫製、木工品や家具の製造、食品加工、園芸・農産物、サービスなどネット販売しています。

企業・官公庁と福祉事業所をつなぐ【セルプセンター福岡】

企業官公庁×福祉事業所 新しいカタチのお手伝い!
お気軽にお問い合せください
0944-52-2100
メールでのお問い合せはこちら

情報BOX

平成29年度 施設長・職員研修会が終了しました。

セルプセンター福岡

平成29年度 施設長・職員研修会

工賃向上を実現するために必要な視点を学ぶ

1 目 的

 次期障害福祉サービス等報酬改定、改正障害者総合支援法の完全施行が来年4月に控える中、障害者の就労支援については各就労系事業の目的に沿った経営(運営)が求められています。特に就労継続支援B型では工賃向上、就労継続支援A型では最低賃金に見合った就労の提供等が不可欠です。しかしながら、平成27年度の就労継続支援B型事業所の全国平均は月額で1万5,033円(福岡県は1万3,485円)に留まり、地域での自立生活を実現するにはほど遠い状況にあります。また、就労継続支援A型事業所の雇用の質、適正な運営に関する問題が取り沙汰され、わたしたちを取り巻く現状としては依然として多くの課題を抱えています。

 以上の状況を鑑み、本研修会では障害者就労支援施設・事業所に求められる「効率的な作業の組み立て方」「製品・サービスの受注拡大に必要な視点」「営業活動や商品開発等のあり方」等、工賃向上や利用者支援に繋がるポイントについて学ぶことを目的に開催いたしました。

2 主  催  特定非営利活動法人 セルプセンター福岡

3 開 催 日  平成29年11月22日(水)

4 会  場  TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前

         福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目2ー1

         ザイマックス博多駅前ビル4階 ホールA

5 参 加 者  79名

 参加者は、予定数には届かなかったのですが、来年度の障害サービス等報酬改定の話を盛り込んだ、基調報告や

東京から来ていただいた、チャレンジャーの新堂所長の特別講演、パネルデスカッション等の講義を熱心に聞かれていました。

IMG_0209小.jpgIMG_0214小.jpg

平成29年度 施設長・職員研修会  アンケート集計結果

アンケート 68人中 45人   回収率 66.2%

                 


                        

 参加者から                

 基調報告  
本題についてもう少し詳しく話してほしかった。時間が無くて仕方がなかったと思うので、かえって資料を読みたいと思います。
就労定着支援、基準についての案の論点で65歳以上の高齢者雇用が推進されるよう、保険の適用など考えていかなければならない。
自分たちの施設でも高齢化が進んでいる。
改定についての話が分かりやすかった。事例についても明確でわかりやすかった。
もう少し時間をかけて具体的に実践例も含めて話を聞きたかった。
サービス報酬単価の改定について、研修会で聞きたい。
改定案を知ることにより、こちらの動きもよりシビアになれた。今後の動向に気を付けたい。
来年度からB型も厳しくなると聞いているので、工賃アップに向けて作業の見直しを行っている。今日の話を参考にしたい。
財政が厳しくなる中、個々の努力が必要であることを再度考えさせられた。
報酬改定で重度の障害者はどの様な方を指すのか注視していきたい。工賃向上にはPDCAを徹底できるように職員と議論をしていきたい。
県内の工賃が非常に低く、全事業所で取り組んでいくべき課題であると感じた。

報酬単価の見直しなど、日々の業務に追われ向き合っていなかったので、もっと広い視野で考えなければと思った。

 特別講演

「福祉だから安い」という考え方に自分もなっていたと思う。段階的に取引の質を上げていくことも必要と思った。
安全管理のために今までも4S5Sを推進してきたつもりであったが、今回の5Sの目の付け所は大変参考になった。
5Sを心がけ、言語化ではなく視覚化していくことの大切さを取入れていきたい。作業の手順や工夫を聞きたかった。
小さな工夫の積み重ねで、結果が大きく変わることが理解できた。もっと時間をかけて説明をしてほしかった。
機械化の導入が必要であることが参考になった。5Sの徹底が売上に繋がることが良く理解できた。
5Sの実践が売上に影響することが不思議に思います。スタッフが出来ていない時の対応を聞きたいです。
ダメと言われたことばかりやっている気がします。改善に努めたい。
とてもわかりやすく、すぐに見習えるような具体例で良かったです。
機能分化や考え方が参考になりました。
取り組が企業並みの努力をされてあり驚きました。職員の意識を変えて工賃向上に取り組んでいこうと考えます。
身の周りをきれいにすることの大切さを感じた。整頓がされていると作業に入りやすいし、気持ちも引き締まると思います。
仕事つくり、歴史的に多くの工夫の様子が伝わってきました。備品管理、整理整頓、
工程の番号化、呼び方の統一等の環境整備、ラインつくり利用者支援等。
当事者にとって視覚的にわかりやすく、目的意識をもって、どう作業を作るかという専門性を高める必要性をとても感じました。
実践を分析して変えていこうと思います。
初心に戻れたような気がします。
5Sについて、今後もっと情報を入手していきたい。
内容が良かったが、資料とパワーポイントを合わせてほしかったです。

売上を上げることは第1だが、利用者が輝ける場を作る考えなため、ピンとこなかった。

 パネルデスカッション

清掃作業は参考になりました。
農福連携の事を知れてよかった。
職員の意識改革について、施設に戻り伝えていきたいです。
企業に劣らないサービスや製品作りで力を付けて発展されている事例がたくさんあり、希望が持てました。
施設では行っていない業種について知ることが出来て良かった。業種が違っても具体的に工夫されている点が参考になりました。
職員のやる気度、覚悟が必要と感じた。自分の事業所でできる事を見極めながら、議論していく必要を感じた。
工賃が高い原因が分かった。施設見学を考えたい。
もう少しデスカッションの時間が欲しかった。
時間的に仕方がないと思うが、各事業所の作業紹介に終止しまった感がある。工賃向上のための具体的な取り組みを聞きたかった。
一つの作業に特化した方がよかったように感じた。
その他(時期・時間・内容について)
ノウハウの提供を具体化した研修を聞きたい
  例)栄養ソフトの例があったが  ○○社○○ソフト のように具体化した話、資料をいただけると嬉しい
工賃向上に向けて、現場職員の意識改革、共通理解等の具体的な実践例を施設長・管理者レベルの方からの話を伺いたい。
一般企業の方を講演に呼んではどうでしょうか?
厚生労働省の「サービス等報酬改定検討」の動向が気になります。今後もこのような研修会をお願いしたい。
工賃向上・売上UPについて
内容もためになり良かったです。施設に持ち帰り今後の工賃アップにつなげていきたいです。
ありがとうございました。

             

   

企業・官公庁と福祉事業所をつなぐ【セルプセンター福岡】
〒837-0922 福岡県大牟田市今山4368-3
TEL 0944-54-2100 FAX 0944-54-2101
お気軽にお問い合せください
0944-52-2100
メールでのお問い合せはこちら